Special Feature

特集記事

  • 全記事
  • 人材育成・マネジメント
  • 専門誌の読みどころ
  • 講義動画
  • モチベーションUP
  • 動画連載【病院経営】
  • 医療最新情報
  • 看護部教育
全記事
  • 全記事
  • 人材育成・マネジメント
  • 専門誌の読みどころ
  • 講義動画
  • モチベーションUP
  • 動画連載【病院経営】
  • 医療最新情報
  • 看護部教育
専門誌の読みどころ

ナーシングビジネス2024年4号の読みどころ

◆第1特集専門性が活きる! やりたい看護が実現する!看護部ですすめるタスク・シフト/シェア *紹介文医師の働き方改革施行に伴い、医療現場のタスク・シフト/シェアは喫緊の課題です。業務拡大や移行をチャンスに、看護の専門性を …

続きを読む →
動画連載【病院経営】

今さら聞けない看護管理職の病棟マネジメント

この連載では、病棟マネジメントに必要な「リーダーシップ」「コミュニケーションスキル」「人材管理」「意思決定」「教育」「看護の質」「交渉スキル」について解説していきます。 第5回 モチベーション②[13:07] 安田 直生 …

続きを読む →
人材育成・マネジメント

組織運営は「緊張」と「緩和」のバランス

本シリーズでは、看護部の明日をより輝かせるための、組織運営・人材育成の話題をお届けします オフコミュニケーション不足が組織の機能を弱める 人口減の時代になり求職者の数が不足し、医療機関にとって、入職時の人材の質を以前と同 …

続きを読む →
看護部教育

最近の若者の頭の使い方

ときにイラっとすることもある若者特有の言い回しには、合理的理由が! そのメリットを知ると自身の働き方を見直すチャンスにもなるというお話です。 第2回 最近の若者の頭の使い方[11:27](ハートフル看護教育) 赤木 きぬ …

続きを読む →
医療最新情報

看護業務の効率化先進事例アワード
~革新的な取り組みの祭典~

看護管理者は日々多くの業務に目配り・気配りが必要です。国の施策や看護界を取り巻く状況、日々の働き方や組織づくりに関連した情報など、看護管理者が知っておきたい最新ニュースをご紹介します。 看護の未来を切り開く感動のフィナー …

続きを読む →
人材育成・マネジメント

本を読まない読書会で新たなアイデアに出会う

 看護師として生涯現役で幸せに働き続けられる自分と看護師の理想的なあり方を考えられる。それをコンセプトに「me&nurse」では、16人の看護師がファシリテーターとなって活動しています。読書会もその一つです。 看護師の資 …

続きを読む →
人材育成・マネジメント

病棟に看護部方針を浸透させるちょっとズルい伝え方(未来の人材育成戦略!)

第6講 病棟に看護部方針を浸透させるちょっとズルい伝え方~承認欲求と心理的安全性のカクテルで最高の一体感を作る方法~ ・2500年前から伝わる人心掌握術とは・悪用厳禁!承認欲求と劣等感の意外な活用方法・心理的安全性を高め …

続きを読む →
講義動画

実践力を鍛える大人の学びのススメ

看護師には、院内研修や学会参加など、学習の機会が多くありますね。でも、それはなぜでしょうか。また、学んだことを日々の看護実践に活かしていくためには、どのように学ぶのがより効果的なのでしょうか。「ただ長く働いただけ」になっ …

続きを読む →
専門誌の読みどころ

ナーシングビジネス2024年3号の読みどころ

◆第1特集指導者が育たないのはなぜ?教育担当者・実地指導者への教育・支援・評価 *紹介文人材育成に多様性が求められる中、教育担当者・実地指導者の負担は増加しています。きめ細かい教育支援とモチベーションを上げる適正な評価の …

続きを読む →
動画連載【病院経営】

今さら聞けない看護管理職の病棟マネジメント

この連載では、病棟マネジメントに必要な「リーダーシップ」「コミュニケーションスキル」「人材管理」「意思決定」「教育」「看護の質」「交渉スキル」について解説していきます。 第4回 モチベーション①[12:19] 安田 直生 …

続きを読む →
講義動画

災害時支援者である医療従事者自身のこころと体をどう守るか

震災などの大規模災害発生時には、医療現場も混乱を極め、そのなかで治療・ケアにあたる医療従事者は「惨事ストレス」にさらされることになります。そのストレスによって現れる症状は多彩であり、個人・組織として適切に対処していくこと …

続きを読む →
看護部教育

最近の若者(Z世代)の特徴

看護教育に対してお悩みを抱える管理者はたくさんおられると思います。そんな「しんどい」と感じる看護教育のお悩み解決のヒントを紹介し、少しでも「ラク!」に感じてもらえたらうれしいです。 第1回 最近の若者(Z世代)の特徴[1 …

続きを読む →
Scroll to Top